【お小遣い稼ぎにも】NFTやトークン売買ができるFiNANCiE(フィナンシェ)とは?仕組みを解説。

投資

「あなたの夢がみんなの財産になる」
こんなキャッチフレーズでサービスを開始したFiNANCiE(フィナンシェ)というサービスを知っていますか?

多分ほとんどの人は知らないサービスが密かに人気になってきています。

このサービスは、簡単に言うと応援したい人に投資をするサービスです。はい、怪しいと思いましたね。

ブロクチェーンの勉強になるんじゃなかったんか?という声が聞こえます。まだ画面を閉じないでください・・・・

FiNANCiEは、こんな人に最適です。

✔ブロックチェーンを知りたい
✔横のつながりがほしい
✔ちょっとしたお小遣いを稼ぎたい

お金を1円もかけずにできたりもします。

この時点ではほぼ100%の人が怪しいと思っていると思うので最後まで読んで怪しいか判断をお願いします(笑)

一応私の投資歴は

・投資歴13年
・前職でIRを担当
・株、仮想通貨等幅広く投資
・トータルリターンは200%以上

こんな感じで、一応成績は出ています。

メリットやデメリットもしっかり説明できればと思っていますので怪しいと思いながら読んでみて下さい!

FiNANCiEとは?

2019年に株式会社フィナンシェがリリースしたサービスがFiNANCiEです。社名と同じですね。

出資者は、サッカー選手の本田圭佑さん長友佑都さん、幻冬舎の箕輪さんなど幅広い方が出資しています。

ややこしいブロックチェーンやNFTの技術などを誰でも簡単に操作して使いやすくしてくれたのがFiNANCiEです。

こちらはフィナンシェのホームページです。

サービスの流れ

簡単に説明すると「こんな事やりたい!」というプロジェクトに投資ができる仕組みになっており、株式投資をやったことがある人はすぐ慣れると思います。

まずざっくり流れを説明してその後細かく説明します。

フィナンシェのアプリから自分の応援したい人やプロジェクトを探します。
まだ知名度が高くない人も結構多いようです。

自分の応援したい人(以下オーナー)がいたら、その人のトークンを購入してコミュニティに参加します。※トークンは株みたいなイメージ

トークンを買うことで支援に繋がる仕組みになっています!
※トークンは後ほど説明

コミュニティ参加するとオーナーによる限定イベントや限定チャットなどに参加ができたりします。

オーナーのトークンには価格がついており、応援者が増えるとトークン価格も上昇していきます。保有しているトークンは売って現金化することもできます。

また、コミュニティ運営者はNFTを活用して独自のカードを発行することもでき、利用者通しで売買することも可能になっています。
※NFTは後ほど説明

ざっくりこのような流れのサービスになります。

専門用語とかよく分からないと思うので詳しく説明していきますね!

サービスの仕組み

いまのところ、株式投資と同じやんけ!という意見が多いのではないでしょうか。

始めるにしても理解をしておいたほうが楽しめるのではないか?と思うので、FiNANCiEがなぜ新しいのか?という所を解説しますね。

ブロックチェーン技術を活用

ブロックチェーンの事が全くわからない人はコチラの記事をご確認下さい!


ブロックチェーン技術を使うことで、不正などを防止して透明な取引ができるようになります。しかも手数料の一部を応援者へ還元できる仕組みにもなっています。

通常個人でお金を集める際には

・銀行から借り入れ
・キャッシングローン
・消費者金融

これらが思いつきます。

しかしどれも一度借りたら、返さなければいけません。しかも個人間の取引ではなく企業対個人になってしまいます。つまり企業に依存する形になってしまいます。

個人で資金を集めて活動するのはハードルが高いですね・・・

そこでブロックチェーンの登場です。

ブロックチェーンは個人対個人の取引になる仕組みなので基本的に銀行や消費者金融などを介さずとも個人間でお金のやり取りができます!

ただ、ブロックチェーンをダイレクトに使用して貸し借りをするのは勉強も必要で難しいです。

その仕組をアプリを通じて簡単にしてくれたのがFiNANCiEなのです。

出資=トークンを買うという事になります。

トークンを買った代わりにオーナーの限定コミュニティに入ることができ、イベントへや限定チャットの参加ができるようになるのです。

しかもトークンは売って現金化もすることができます。

トークンとは?

トークンとは、独自の暗号資産です。

トークンの種類はFT(代替可能トークン)とNFT(代替不可能トークン)に分かれています。コチラの記事が参考になると思います。

FiNANCiEではFTをコミュニティートークン、NFTをカード販売に分けて扱っています。

コミュニティートークンはいつでも売買ができます。プロジェクトごとに1トークンあたりの価格が決まっているので買う時は相当のポイント(現金)が必要になります。

例えば以下の箕輪さんのFTトークンは1つ10円くらいなので、10円で参加できます。
安!って思いますね、これは後でメリットのところで再度説明します。

プロジェクトによってはNFTカードを発行しているところもあります。
以下はSHIBUYA CITY FCというプロサッカーチームが発行した記念カードです。

左上のカードは10万pt(10万円)で販売されていますね。個人で値段がつけられるので需要と共有のバランスを見て売買する形になります。

NFTカードは複製ができないため、ネット上で価値がつくのです。NFTの技術は今後様々な分野に代用されていくと考えられます。

FiNANCiEでは、トークンやNFTカードなどの売買が発生する毎に手数料が取られます。
※手数料は後で説明

ただし、その手数料がオーナーの収入に繋がり、活動資金になるのです!!
多少は、応援したい人のために買うって気持ちになりますね。

メリット・デメリットは?

画期的なサービスという事は多少理解していただけたでしょうか。

ただ、良いところも沢山ある一方で課題もあります。そのあたりを説明します。

メリット

メリットは

・応援したい人と繋がれる
・ブロックチェーンの勉強
・無料でも参加でき小遣い稼ぎも可

メリットは本当多いと思います。

応援したい人に支援できますし、一緒に応援する人と繋がることができます。

加えて今から大衆化される可能性の高いブロックチェーンやトークンについて学習出来ることが大きいと感じています。同時に投資の勉強にもなります。

さらに他の人にアプリを紹介してもらえればトークンを無料でゲットできますし、イベントなどでもトークンを無料でゲットする機会があります。

無料でゲットしたトークンを売ればお金になるので、コミュニティに属しながら増えたトークン分ちょっとしたお小遣いにする事も可能です。

応援したい人が活躍すれば参加者も増え、トークンの価値も上がるので値上がり益も期待できます。

初期コスト0で始められるのが大きいと感じますね。

デメリット

メリットはめちゃくちゃあると思っていますけれど、もちろん課題もあります。

課題

・手数料が高い
・プロジェクトが完遂した時の対応
・投機家によるトークン価格操作

まずは手数料がバカ高いです。
トークンを購入する際に20%、売却する際に20%かかります。

ただ、これは投資の観点で考えると感じますけれど、単純にコミュニティに入ってみたい!という人にとっては大したこと無いと思います。

例えば箕輪さんのトークン価格は10円なので、10円+20%手数料入れても10円+2円の手数料でコミュニティに入れます。
トークンを売却する時は10円+20%で10円+2円の手数料で売却できます。

数円の範囲ならリスクはゼロと考えていいのではないでしょうか。

一応手数料の一部はオーナーの活動資金になるので、売買が活性化するほど活動の幅も広がります。
ですので手数料はデメリットではなくメリットとしても捉えることができるかもしれません。

箕輪さんのプロジェクトは「日本のどこかに、みんながハッピーになれる日本一の村を作る!」という内容です。抽象的ですけれど、どこかの土地を買いサウナやラーメン屋をつくったりして、そこの村で箕輪トークンを利用できるようにするなどコミュニティで話し合っており、面白いなぁと思っています。

ただ、そのプロジェクトが完遂した際にトークンの使いみちが無いプロジェクトであればトークン価格が下がることも考えられるので、ひとつの課題だと感じています。

あとは、投機家の参入です。これが1番問題になる可能性が高いです。

2017年に社会的問題になったVALU騒動ではブロックチェーンへの懐疑的な考えが広まりました。その後ビットコインバブル崩壊などブロックチェーン自体3年ほど低迷しました。

フィナンシェでも投機家の価格吊り上げなどが発生して問題にならないようにフィナンシェ側のガバナンス強化に努めて欲しいところです。

無料でやってみよう

FiNANCiEは、無料ではじめられる事ができますので勉強のつもりで始めるのは有りだと思います。

紹介コードを貰えればトークンが無料で手に入るので、面白くなければ放置しておけば良いですしね。

まぁ、今はバブル状態になっていますので大量購入は慎重になる必要がありますけれど、1トークンもらってイベントなどで増やすという楽しみもありますので良かったらやってみてはいかがでしょうか。

リンク

始めたい方はFiNANCiEのリンクを貼っておきますのでどうぞ!

iPhoneの人はコチラから

Androidの人はコチラから

招待コード貼っておきますので、最初に無料でトークンが欲しい人はご活用下さい!
(招待枠が上限になってたらすいません)

アカウント作成時にどれか1つのトークンをもらえます。
※トークン価格が高いほうが得ですw

■箕輪さんのトークンを無料で貰えるコード
※6/12時点6円
V2DA7H

■前田さんのトークンを無料で貰えるコード
※6/12時点21円
GXHMV7

■SHIBUYA CITY FCのトークンを無料で貰えるコード
※6/12時点145円
N4272Z

■上野さんトークンを無料で貰えるコード
※6/12時点17円
JCVP4V

最後に

なぜ最近になりブロックチェーンが再流行しているのか?

世界的な金融緩和により株を始め、ビットコインなどにお金が流れました。

ビットコインの価格だけが取り上げられますけれど、ブロックチェーンにより個人対個人でビジネスができる時代がやってきており、今までの銀行や証券などの中央集権的な考えが再定義されようとしています。

まだ各国の法整備も整っていない状況ですけれど、ブロックチェーンの市場は200兆円を超えており、さらに拡大が見込まれています(90年代の銀行並に資金を必要としている)今はバブル状態という声も多いですけれど大手企業もブロックチェーンの技術を活用してきており今後も活用する企業は広っていくと想定されています。

投資もそうですけれど、知っていると知らないとでは天と地の差がありますので、知った上で物事を判断するのが重要だと思います。

この機会にブロックチェーンについて学んでみてはいかがでしょうか!

ちなみにけいぷろは、ミノ村プロジェクトの運営してるので興味があればホームページ覗いて見てくださいね!フェイスブックからも参加できます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました